ブログ論

1000文字以上のblogを書くコツ

更新日:

 

ブログを運営していて、「もっと読んで欲しいな」「どうしたら検索順位があがるのかな?」ということを考え出すと、SEO的観点で「1000文字以上書きましょう、できれば2000文字、3000文字の文章を書きましょう」という内容をよく目にします。

でもブログ初心者が「1000文字」って実際書いてみると地味にハードルが高い事が多いです。

というわけで、100記事書き終えた私が見つけた「ブログを1000文字以上書くコツ」を発表します。

 

100記事達成した私が見つけたブログを1000文字以上書くコツを教えるよ!

僕も最初は、1000文字というハードルがめちゃくちゃ高かったです。

1000文字書かなきゃ、1000文字書かなきゃ。

そして書き終えたあとブラウザーに映る文字数は700とかね。

じゃあどうするか。

僕が気にしていることは1つだけです。

 

目次を3つぐらい考える

書きたい内容について目次を3つぐらい考えます。

視点を変えてみたり、メリット、デメリットを上げてみたりするだけです。

導入、目次1~3、まとめの構成です。

慣れてくると1000文字なんて逆に少ないです。逆に1000文字で簡潔に説明したほうが良いのではないか、と思うこともありますが。

目次一つにつき、蛇足をつけろ!というわけでは全くないのですが、骨子に肉付けした文章を書けばすぐに数百文字にはなります。

ーーここまででもう200文字ですーー

この見出しだけで200文字。

導入、目次1~3、まとめでそれぞれこの分量を書いたらもう1000文字です。

KENTAR108
ヨユウデショ?

 

自分が好きなことを書く

「いや、だって、ネタがないからアフィリエイトサイトの商品から紹介できそうなの選んでその記事かいてるだけだし…」

その適当な記事で本当に売れると思います?

好きでもないものを売ることができるならそれはもうスーパーセールスマンなので外資の営業にでもなった方がよほど稼げると思いますけど(^ω^)

ネタがないなら書かなきゃいいんです。

副業で稼ぐためにブログを書いてるなら無理して書いてください。って、冷たいことを言うぐらいじゃなきゃ稼げないと思うんだ。

ちなみに私はブログで月に月収1000円を越える額を稼ぐスーパーブロガーなのでアフィリエイトの真髄は解っているつもりだ。

やだやめてブタナイデ。

 

検索ユーザのもとめる解答を書けばよい

1000文字というのは機械的に満たせばよい物ではありません。

あなたがこの記事を読んでいるのは1000文字書きたいからでしょうか?例えば、大学のレポートの文字数稼ぎのために1000文字をクリアする!というのではあれば話は別ですが、「ブログ 1000文字」の先にあるのは「検索されたい」「Googleで検索上位に自分のサイトを表示させたい」ではないでしょうか。

結局Googleは「検索ユーザの求める答え」が書いてあるサイトを表示させます。

例えば「今は平成何年?」という検索ワードに対して、「年号の話」「昭和とは」「平成に決まるまで」みたいな分けの分からない見出しで文字数を稼いだところで検索ユーザは喜びませんよね?

「今は平成何年?」に対しての答えは「平成〇年」の数文字の回答が最も検索ユーザが求めている内容になります。

 

まとめ

文字数、ボリュームを稼ぐ方法はあります。

しかし、SEO観点において、1000文字というボーダーラインは全く意味を成しません。

1000文字でユーザの求める答えが表現できるのであれば1000文字。

ユーザーの求める答えが100,000文字必要なら、100,000文字書く必要があるのです。

  • この記事を書いた人

KENTAR108

累計100万PV超え! 3年間で培ったブログのノウハウをお伝えしていきます。

-ブログ論

Copyright© ブロこん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.