ブログ論

WordPressの有料テーマ「STOKE」を導入してみた

更新日:

「STOKE」というWordpressテーマを導入してみたので所感をつらつらと書いていきたいと思います。

 

WordPress運用になって初めて有料のテーマをしようしてみる

はてなブログからWordpressへお引越ししてきて、最初に行ったのはもちろんブログテーマの設定でした。

 

はてなブログでは窮屈だったカスタマイズがいきなりフルオープンになったワケですが、さすがに1から作ろうとすると時間が膨大にかかり過ぎることからまずは適当なテーマを見繕いました。タイムイズマネー。

 

そこで「SEOにつよい」となかなか定評があった「AFFINGER」というテーマ(有料)を購入して適用。「AFFINGER」で運用を始めました。

 

「AFFINGER」は非常に作りこまれたテーマで細かいところまでカスタマイズできるCSS初心者には良いテーマだと思いました。

しかし、ブログの見かけをある程度作り上げると、「こうだったらいいのに」という小さな要望が積み重なっていきました。

そして、いざ「AFFINGER」で細かい点をカスタマイズしようとすると作りこまれすぎていて正直どこをどう修正したら目的の状態になるのか検討もつきませんでした。

 

目指したのは「monograph」というサイト

かなり前から見ているサイトでmonograph(モノグラフ)というサイトがあります。

写真の使い方が上手で、視覚的にドン!ときて、説明を添える。ぱっと見で見やすく、おしゃれ感がすごく伝わるサイトです。

このサイトを参考にして私も

  • オシャレにかっこよく
  • 写真を大目に使って視覚的にわかり易く
  • スマホで見やすく

というテーマでブログを作りたいと思いました。

 

「AFFINGER」はどちらかというと「機能美」に富んだテーマで、下手にプログラミングやcssをかじろうと、薄い知識を総動員している身としては全体の構成は複雑すぎてついていけませんでした。

「作りこまれた機能的ななんかすごいサイト」ではなく、「もう少しシンプルにわかり易いサイト」したかったのです。

 

そこで探しだしたのが「STOKE」というテーマ。一目で「画像の見せ方がきれいだな」と思えました。この時点で一目惚れ。

何よりも売り文句に「モバイルファースト」というキーワードがありすごく心に刺さりました。このブログは8割ぐらいがスマホからのアクセスだったからです。

 

 

使い始めていじった箇所の備忘録

 

 

 

トップページ

  • 英語表示テキスト(大テキスト)

→「Lv.30」のところ。

  • 日本語表示テキスト(小テキスト)

→「30歳の僕が~」のところ。

この2個をかかないと木目背景画像も表示されない

 

横スクロールのおすすめ情報

特別な設定は不要で、「pickup」というスラッグのタグをつけるだけで、いい感じに表示してくれます。ただし、ある程度(ぼくの場合は6個以上)の数の記事にタグ付けしてあげないとスライダーは機能しないようです。

 

吹き出し設定

これを使うにあたり、AddQuickTag(プラグイン)を設定します。ラベル名、開始タグ、終了タグ等を設定。

 

エディタ画面にタグが表示され、編集がかなり楽になります。

 

値段は張ったが満足度はかなり高いテーマ

「AFFINGER」「STOKE」と立て続けに有料テーマを買ってしまいましたが、どちらも言い方は悪いですが「さすが金を取るだけのことはある」という使いやすく、一瞬でブログを華やかにする力のあるテーマだと思いました。

 

正直ゼロベースで作成も出来なくはないです。ここをこうしたいな、と思ったらそこの記載を変更して、調整して、変更して・・・ただそれだと何時間かかるか予測も出来ないぐらい大変だと思ってます。

 

数千円~1万円程度のお金でこの労力を買うことが出来るのであればぼくは「アリ」だと思います。収益を上げるためにブログをやってみようという方もまずは「初期投資」として自分の気に入ったテーマを購入してモチベにつなげてみてはいかがでしょうか?

[aside type=“normal”]STOKEの情報はこちらからどうぞ!

[/aside]

  • この記事を書いた人

KENTAR108

累計100万PV超え! 3年間で培ったブログのノウハウをお伝えしていきます。

-ブログ論

Copyright© ブロこん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.